伝統を重んじる和風結婚式

新郎新婦

今注目の和風結婚式とは

晩婚化が進むにつれて、華やかなウェディングドレスを着た洋装の結婚式ではなく、落ち着いた雰囲気のある、着物姿の和婚を希望する方が増えてきました。和婚は、専門式場内にある神殿や、式場の近くの神社で挙式を挙げる、日本の伝統的な結婚式のスタイルとなります。その際は、りりしいタキシード姿の新郎に合わせて、新婦は純白の清楚な白無垢姿で式を挙げ、その後の披露宴で、新婦はあでやかな色打掛姿に着替えて登場するというのが一般的です。和婚ということで、演出の仕方も個性的で、洋風でなく、和風の内容にする場合もあります。例えば、会場内の装飾では、牡丹や松、ゆりなど、和的な雰囲気の花をアレンジして飾ります。入場してからは、新郎新婦で酒樽を開く、鏡開きを行うこともあります。参列者全員が声をそろえて、よいしょと掛け声をかけるので、会場中が一体となり、和やかな雰囲気になります。その後に行われるウェディングケーキ入刀も、和婚の場合はあえてやらずに、ユニークな入刀シーンを披露することもあります。例えば、ウェディングケーキを抹茶や栗でデザインして和的なものにしたり、ケーキではなく、ちらし寿司にナイフを入れたり、おめでたいということで、鯛の塩釜焼を小槌で叩いて開いたりなど、新郎新婦のこだわりのある演出を行うこともできます。また、庭園があるような結婚式場の場合は、披露宴の歓談中に、ゲストが新郎新婦と一緒に庭で記念写真を撮ったりするのもおすすめです。きっと思い出に残る、素敵な写真を撮ることができるでしょう。

Copyright© 2018 結婚式でプロフィールムービーを長そう【人気の高い演出】 All Rights Reserved.